初めて釣って、初めて食す”タヌキメバル”

この記事は釣り魚で飲食店事業の開始を目指す過程記事です。

飲食店事業起ち上げ過程の記事一覧はコチラ

遊漁船シーラックで釣りに出て、初めて釣り上げたタヌキメバル。

 

初めて釣って、初めて食す"タヌキメバル"

 

釣るのは初めてだけど、存在を知ったのも初めてだし、もちらん食べるのも初めて。

どんな魚なのかを早速調べてみた。

タヌキメバル (マゾイ) | 市場魚貝類図鑑
「タヌキメバル」の生息域や生態などの基本情報から地方名・食べ方・料理法法・料理例・加工品などを写真付きで解説。「市場魚貝類図鑑」は水産物関連著書多数のぼうずコンニャク主宰。掲載種は2500種以上。

 

★4つ、常に美味、とあり楽しみ!

 

船長の話しだと、年中比較的安定して釣れる、とのことなので、飲食店ではぜひ提供したい魚の一つだ。

 

早速調理開始!

初めて釣って、初めて食す"タヌキメバル"

 

水深160mくらいのところで釣り上げたので、身は柔らかいかと思っていたけど、意外と固い。

固いというより、プリプリとしてしっかりした感じ。

 

魚が大きいので、身は

・刺し身

・炙り

・ムニエル

にしてみることに。

アラはもちろん出汁をとる。

色々な魚の出汁を試しせるのも釣り人の特権ですよね。

そして、完成した料理がコチラ。

初めて釣って、初めて食す"タヌキメバル"定番のお刺身

 

初めて釣って、初めて食す"タヌキメバル"炙り(カボスと塩で食べる)

 

初めて釣って、初めて食す"タヌキメバル"ムニエル

 

初めて釣って、初めて食す"タヌキメバル"アラ出しの味噌汁

 

特にムニエルは固いと思ってた身がフカフカになり絶品!

鍋にも最高だろうな、と思います。

次回は鍋にしよう。

 

刺し身は醤油よりポン酢が好みでした。

プリプリの食感で上品な白身て感じ。

炙りにすると、脂が浮き出てくるので、これまた刺し身とは違う味で美味。

 

これは飲食店での提供で決定

加工品も何か作れたらいいなぁ…。
調べて挑戦してみよう。

タイトルとURLをコピーしました