動画アーカイブサイトを作成した方がいい4つの理由

私は一つのYouTubeチャンネルに対して一つの動画アーカイブサイトを作成しています。

動画アーカイブサイトとは、YouTubeで投稿した動画を全て蓄積したサイトのことです。
なぜ動画アーカイブサイトが必要なのか。

その理由を説明していきます。

 

 

アーカイブサイトを活用した方がいい4つの理由

それはもちろんメリットがあるから。

そこで今回はアーカイブサイトが必要な理由を説明します。
これを読んだら、是非あなたもアーカイブサイトを作成してみてください。

 

1. YouTube以外の流入が見込める

YouTube動画はYouTube内の検索はもちろんですが、Googleや Yahoo!など検索エンジンにも引っかかります。
YouTube自体でSEO対策を実施すれば、より効果を発揮します。

しかし、動画の本数が増えてくると、YouTube以外からの閲覧も段々と増えてきます。

その中でも、アーカイブサイトからの流入が意外とあることがわかりました。

以下は私のチャンネルのアナリティクス画面です。

動画アーカイブサイトを作成した方がいい4つの理由

YouTube以外からの流入があるのがわかります。

例えば、『脳トレ』とGoogleで検索した場合に、一つでも上位に引っかかるものがあれば、それが最終的に再生回数UPへ繋がるのです。

流入の入口を増やすためにもアーカイブサイトは持っておきましょう。

 

2. アーカイブサイト自体もAdSenseで収入源となる

アーカイブサイトと言えども、AdSenseの審査に通ります。
アーカイブサイト自体が稼ぐようになる訳です。

動画アーカイブサイトを作成した方がいい4つの理由

 

審査に通すためには、ただ動画を貼り付けるだけではダメです。

教育的価値のないコンテンツ、または、乏しい内容、と審査NGとなってしまいます。

そこで、私が実際に審査を通した方法をご紹介します。

・動画の概要欄を軽くまとめる
・一言コメントを書く
・カテゴリー毎にメニューを作成する
・お問合せを作る

サイトの作成方法や内容に関しては、私のサイトで詳しく記事を書いていますので、参考にしてみてください。

アーカイブサイトでAdSenseの審査に通すポイント

 

 

動画の概要欄にも、動画の一覧、としてリンクを貼ります。
収益化し、外部サイトへリンクができるようになれば、カードでリンクを活用したり、動画の最後でリンクも貼れます。

アーカイブサイトからYouTube、YouTubeからアーカイブサイト、

YouTube⇄アーカイブサイト

のいい循環が出来上がる訳です。

活用しない選択肢はありませんよね。

 

3. サイトでワンクッション

YouTubeで重要な要素の一つに視聴者維持率があります。

視聴者維持率に関しては、視聴者維持率の大切さを書いた記事を参考にしてください

 

 

YouTubeに投稿した動画はSNSでシェアして拡散します。
しかし、このSNSでの拡散が思わぬ落とし穴になります。

SNSでシェアして人の目に留まり、とりあえずクリックして動画を観る。
ただそれだけなので、本当に興味があるかどうかは関係ありません。

一度、Twitterでシェアした投稿が10万インプレッションを超え、YouTubeの動画閲覧数も一気に2万回再生を超えたことがありました。

しかし、その動画の視聴者維持率はたったの18%でした。

私のチャンネルの視聴者維持率は平均で63%なので、圧倒的に低い数字です。

ちょっとどんなのか見てみようかな、程度でクリックするので、少し再生したら離脱してしまうのです。

そこで、次からワンクッション置くために、アーカイブサイトをTwitterでシェアして投稿をするようにしました。

すると、
Twitterで10万インプレッション→サイト閲覧数が約8000PV→視聴者維持率は69%

と平均以上の数値となったのです。

これは、Twitterで何となく見てみようの人がサイトを訪問します。

サイトでも動画の概要を記載していますので、そこで本当に興味がある人だけが動画を閲覧する、と言うフィルターの役割を果たしたと考えられます。

サイト自体はPV数が増えるため、AdSenseの収益が期待できます。
さらには、フィルターとなりYouTubeの視聴者維持率は高い数値が期待できる。

いきなりYouTubeの動画をシェアするより、このようにアーカイブサイトでワンクッション置いてシェアした方がいいですよね。

 

4. お問合せはアーカイブサイトの方が多い

アーカイブサイトにはお問合せを設置しておきます。

動画アーカイブサイトを作成した方がいい4つの理由

 

動画に関する指摘や要望などはコメントでいただきますが、例えば、仕事のご依頼や、コラボの依頼などは私の経験上、アーカイブサイトのお問合せからの方が多いです。

YouTubeでダイレクトメッセージのような機能がなく、ビジネスのお問合せとして小さなボタンがあるだけ、と言うのが原因だと思われます。

このように、YouTubeから企業案件など、仕事や業務に関する依頼など個別に、直接やり取りが必要となります。

直接の連絡先を記載するのもいいのですが、サイトでしっかりと情報を掲載した上で、お問合せをもらう方が、相手も安心感はありますし、こちらは大量のスパムに悩む必要がなくなります。

是非、アーカイブサイトにお問合せフォームを設置してみてください。

 

以上が動画アーカイブサイトを作成した方がいい理由でした。

そんなこと言ってもサイト作成ができない、面倒…。

そんなあなたのために、動画アーカイブサイトの作成をココナラで出品していますよ!

アーカイブサイトの作成を海彦に依頼する
海彦とLINEで繋がろう! 友だち追加 友達登録のメリット
・Youtubeの支援グループへの招待
・資料ダウンロードパスワード
・Youtubeに関する相談
・経営等、当サイトに記載内容の相談
・セミナー等、役に立つ情報の配信
YouTubeちょっと発展
Stay hungry, Stay foolish
タイトルとURLをコピーしました